BIOGRAPHY

Pianist Min Gong

ゴン・ミン。 日本を愛する韓国のピアニスト。韓国K-POPシーンにて10年のキャリアを持ち、テレビやコンサートなどではSUPER JUNIORらメジャーアーティストのサポートミュージシャンを務める。ミョンジ大学音楽講師。アメリカやシドニーのオペラハウスなど、世界各地でコンサート活動展開している。2007年、ラブソナタ東京にバンドマスターとして出演したことをきっかけに、日本での活動のビジョンが与えられる。東日本大震災のニュースを韓国で見、大きなショックを受け、日本語の猛勉強をはじめる。そして、2013年6月より毎月のように被災地を皮切りにして日本全国でコンサートを開き、深い慰めを届け続けている。2014年4月にピアノソロアルバム、[iNTEGRiTY]をリリース。2016年3月11日セカンドアルバム[涙そうそう]をリリース。あまりにも美しくピュアな音色が、広く好評を博している。国立音楽大学ジャズ専修。

世界的ジャズピアニスト小曽根真師事。

2018年 THE BRIDGE(www.thebridgesound)を立ち上げ、日韓合同ビッグバンドによる『心の復興』を被災地に届けている。

Min Gong is a Korean pianist who loves Japan. He has a career of 10 years in Korean K-POP industry, which includes being a support musician for major artists such as SUPER JUNIOR featured on television and concerts. He has been performing all over the world including the US and the Sydney Opera House. After having appeared as a band master in Love Sonata Tokyo in 2007, he received a vision of activities in Japan. While in Korea, he was shocked to learn about the great earthquake disaster in Eastern Japan. This led to his intensive study of Japanese. In June 2013, he started holding monthly concerts all over Japan, especially those affected by the disaster to deliver comfort through the tragedy. In April 2014, he released a piano solo album [iNTEGRiTY]. On March 11, 2016, he released his second album [Nada SouSou]. His beautiful music has gained wide popularity.

In addition to his performances, he also was a Myongji College music instructor and is currently studying Jazz at Kunitachi College of Music.

Copyright © 2018 Min Gong  All rights reserved.